ピューレパールはアトピー跡・ニキビ跡にもいい?

ピューレパールは、黒ずみを解消するとして話題のケアジェルですが、シミにも効果的です。
では、アトピー跡やニキビ跡にはどうなのでしょうか?
使っても問題がないのか調べましたので、ご覧ください。

ピューレパールとアトピー跡やニキビ跡について

まず、アトピー跡やニキビ跡に対して使ってみないことにはわからないため、ピューレパールのお客様センターへ問い合わせました。
希望の使用部位としましては、体と顔です。

問い合わせの結果、顔にも体にも使用することは可能ですが、アトピー跡やニキビ跡に効果があるとは言い切れないとの回答でございました。
なぜなら、アトピー跡もニキビ跡も、メラニンが増殖し、メラニンを含んだ古い角質が蓄積されて発生した黒ずみではないからです。
色素沈着が原因の黒ずみやお肌の変色なのです。
そもそも、ピューレパールが効果を最大限に発揮できるのは、メラニンを含んだ古い角質が蓄積したことによる黒ずみに対してなのです。
そのため、必ず色素沈着が原因のものにも効果があるとは言い切れないとのことなのです。

しかし、実際に、使用したことによって、アトピー跡やニキビ跡が薄くなったというユーザーからの声も届いているとのことでした。
そして、もし、色素沈着している箇所へ使用するとしても、効果があらわれるにはかなりの時間を要するかもしれないようです。

また、やはり、色素沈着が原因のものは対象外であるため、ニキビの跡やアトピーの跡を対象として開発されているアイテムの使用がおすすめだそうです。

使っても問題はないけれども、効果を実感できるかどうかは不明ですので、できれば、ニキビやアトピーの跡のような色素沈着が原因のものに対して専用に作られているアイテムを使用するようにしましょう。

ピューレパールはどういった黒ずみに効果が期待できる?

ピューレパールは、色素沈着ではなく、乾燥や摩擦などの刺激が原因の黒ずみに対して高い効果を期待することができます。
乾燥や摩擦による刺激を受けた場合、お肌を守ろうとして、メラニン色素が増殖してしまいます。
そうなると、ターンオーバーのサイクルが遅くなったり、機能そのものが低下する恐れがあります。
もし、ターンオーバーが乱れてしまうと、メラニン色素を多く含んでいる古い角質がきちんと体外へ排出されなくなってしまいます。
そして、メラニンを含んだ古い角質がどんどん蓄積されていってしまい、黒ずみとなってあらわれてしまうのです。

そこで、ピューレパールによって、
・乾燥を緩和し、肌をプロテクト
・美白成分で黒ずみを解消して、透明感のある美しいお肌へ
・お肌の状態やターンオーバーを整えて、肌本来の力を引き出す
といったことにより、改善へと導かれることに期待ができるのです。

まとめ

ニキビやアトピーの跡にも効果を感じた、という方も実査におられるようですが、専門的に作られていないため、使用すること自体は問題がないようですが、メラニンを含んだ古い角質が原因の黒ずみへ使用することがおすすめです。

⇒ピューレパールの公式サイトはこちら